5G技術

5Gのコンポーネント技術

5Gが約束する素晴らしいモノ。その可能性をすべて実現するには、技術的な進歩が欠かせません。何が可能なのか、何が必要なのか、そしてコンポーネントレベルの革新が商業的成功にとっていかに重要であるかを考察していきます。

  • 5G
  • eMBB(enhanced Mobile Broadband:高速大容量)
  • Massive IoT
  • ミッションクリティカルシステム
  • ローカルネットワーク
  • モビリティ
  • 熱管理
  • バッテリー寿命
  • 低遅延
  • 小型化

1on1ミーティングで部下の満足度を上げるには?(前編) ――対話の「見える化」で最適なスタイルを模索する

上司・部下間コミュニケーションの手法として1on1ミーティングを導入する企業が増えつつありますが、成果の見える化がしづらい等課題もあるようです。村田製作所のある部署で行った1on1ミーティング改善プロジェクトについてご紹介します。

  • NAONA×Meeting
  • 1on1ミーティング

あらゆるモノのネット接続を可能に 超小型・低消費電力なセルラーLPWAモジュール(前編)

近年、IoTにより現実世界の様々な場所のデータを細かく収集できるようになりましたが、数kmにわたる遠距離のデータ収集には課題がありました。ムラタは、超小型かつ低消費電力で遠距離の無線を可能とし、また無線通信の専門知識がなくても確実にデータ収集できるセルラーLPWAモジュールを開発。想定する利用シーンや開発過程での取り組みついて担当者に話を聞きました。

  • LPWA
  • モジュール
  • IoT
  • 開発者インタビュー

生産性を上げる製造現場のIoT化。その実現に必要なこととは?(前編)――福井村田製作所が導入した、センサ活用による「予知保全」の狙いを紐解く

IoTという言葉が普及してから、さまざまな領域でIoT化の必要性が指摘されています。
福井村田製作所で実施した保全業務におけるIoT化の効果や背景とともに、製造現場のIoT化推進のポイントをご紹介します。

  • m-FLIP
  • OWLiQ tracking
  • 無線センシングソリューション
  • 作業者安全モニタリングシステム
  • IoT
  • 保全
  • スマートファクトリー

タイムリーかつ的確な製品開発で車載ネットワークの進化を支えるムラタの車載用インダクタ製品(前編)

車載ネットワーク関連の技術開発は日進月歩で進み、CASE時代を目前に控えその進化はますます加速しています。ムラタでは、最新の車載ネットワーク規格に対応した製品をいち早く開発し、必要な時に、必要な特性を備える電子部品を、必要とされる数だけ供給できる開発・生産体制を整えています。

  • ノイズ対策部品
  • コモンモードチョークコイル/コモンモードノイズフィルタ
  • チップフェライトビーズ
  • インダクタ(コイル)
  • 自動車
  • モビリティ
  • 開発者インタビュー

安全な自動運転車を目指して 慣性力センサの高精度化を追求(前編)

自動運転車が街の中を走り回る時代が、そう遠くない未来になってきました。高齢化社会での安全な移動手段の確保、渋滞や事故の削減など多くの社会課題の解決策として、自動運転車の実用化に大きな期待が掛かっています。その実現には、最先端テクノロジーの投入が不可欠です。

  • センサ
  • 自動車
  • 自動運転
  • 開発者インタビュー

企業の実利的なメリットを与える働き方改革とは?(前編)――身体の状態を「見える化」するヘルステックが成功のサイクルを生む

働き方改革を契機に、企業の「健康経営」が注目されています。健康経営とは、従業員の健康管理を企業の経営課題と捉え、会社の施策として健康増進を図る経営手法のこと。そのメリットはどこにあるのでしょうか。

  • 疲労ストレス計 MF100
  • 働き方改革
  • 健康経営
  • ヘルステック

IoT機器の利用シーンの拡大、 ウェアラブル機器の進化を支える ムラタの酸化物型全固体電池(前編)

ムラタが開発した全固体電池は、携帯型電子機器の利用シーンを拡大する可能性を秘めたインパクトのある技術です。エンジニアに、開発の経緯と出来上がった全固体電池の特長、さらには今後の進化の方向性について聞きました。

  • 全固体電池
  • 開発者インタビュー

5G技術

5Gが抱える課題:低遅延

URLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications:超高信頼低遅延)は、ヘルスケアにおける遠隔手術、車車間通信、スマートグリッド、産業プライベートネットワークなどのミッションクリティカルな用途において、低遅延と超高信頼を提供します。3GPPリリース15 5G NRでは、ほぼ完全なる信頼性を実現するには遅延時間を1ミリ秒にするという目標が掲げられています。

  • 5G
  • 低遅延
  • AIチップ
  • URLLC
  • バッテリーバックアップ

5G技術

5Gが抱える課題:バッテリー寿命

4Gまでと比較すると、5Gでは電流ドレインが高くなると見込まれています。ただし、5Gデバイスのバッテリー消費に一番大きな影響を与えるのはユーザーであると考えられています。5Gがより多くの性能を提供するため、デバイスからの要求は増加していきます。VoLTE、画面、カメラなどの機能に対する要求や接続数が増加するため、バッテリー寿命が影響を受けます。

  • 5G
  • バッテリー寿命
  • AI
  • 熱管理
  • Security camera

5G技術

5Gモビリティ

5Gにより、車内用途および車外用途の機能が完全に生まれ変わります。短期的に、車載インフォテインメントや強化型マルチメディアが激変していきます。近い将来、5Gを用いたV2X通信によって運転が最適化され、自律走行車が現実になると期待できます。

  • 5G
  • モビリティ
  • 自動車
  • V2X
  • V2V
  • V2I
  • V2N
  • V2P
  • 安全性
  • インフォテインメント
  • IoT
  • インテリジェントモビリティ
  • ADAS
  • MAAS

5G技術

5Gローカルネットワーク

昨今、高容量とデータ速度の高速化に対する要求が高まっています。Wi-Fiホットスポットが拡張性に欠け過負荷になっている現状を考えると、Wi-Fiではこのような要求に応えることはできません。ネットワークの信頼性と拡張性は企業にとってますます重要になっています。

  • 5G
  • ローカルネットワーク
  • スマートファクトリー
  • プライベートネットワーク
  • 製造
  • 無線通信

5G技術

5Gミッションクリティカルシステム

5GのURLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications:超高信頼低遅延)のため、MCC(Mission Critical Communications:ミッションクリティカル通信)が、3GPP(3rd Generation Partnership Project:第3世代パートナーシッププロジェクト)リリースの重要な分野として注目されています。コアネットワークサービスの一部として提供されるMCCにより、救急サービス機関は、従来の無線を、スマートフォンユーザーがすでに利用している現代的な通信方法に置き換えることが可能になります。

  • 5G
  • ミッションクリティカル
  • 自動車
  • URLLC
  • ヘルスケア
  • 医療
  • 信頼性
  • 救急サービス
  • ミッションクリティカルシステム

5G技術

5G Massive IoT

5G – Massive IoTが、5GセルラーIoT接続の半分以上を占める可能性が非常に高いです。これは、長いバッテリー寿命、深くまで届く通信範囲、および低TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)が、アセット管理、エネルギーやユーティリティー、およびスマートシティーなどの大型用途において一様に求められているからです。

  • 5G
  • スマートファクトリー
  • 自動車
  • Massive IoT
  • IIoT
  • インダストリー4.0
  • スマートシティ
  • セキュリティ
  • コネクティビティー

5G技術

5G eMBB(enhanced Mobile Broadband:高速大容量)

到来した5Gサービスの第1波。そのサービスの1つであるeMBBは、従来の4Gネットワークの拡張ともいえ、消費者に大きなメリットをもたらします。そのメリットとして、ダウンロード速度の大幅な改善、およびコスト効率に優れたデータ(4Gに比べ最大10倍ものコスト抑制が可能)が挙げられます。ここでは、業界のメリットと課題を探っていきます。

  • 5G
  • ミッションクリティカル
  • 自動車
  • URLLC
  • ヘルスケア
  • 医療
  • 信頼性
  • 救急サービス
  • eMBB(enhanced Mobile Broadband:高速大容量)

生産性を上げる製造現場のIoT化。その実現に必要なこととは?(後編)――福井村田製作所が目指す現場の「最終形」と、「活人化」の哲学に迫る

前編では、福井村田製作所が行ったIoT化による予知保全の具体的なシステムや成果を伺いました。後編では、製造現場のIoT化をどう進めたのか、道筋を振り返っていきます。

  • m-FLIP
  • OWLiQ tracking
  • 無線センシングソリューション
  • 作業者安全モニタリングシステム
  • IoT
  • 保全
  • スマートファクトリー

タイムリーかつ的確な製品開発で車載ネットワークの進化を支えるムラタの車載用インダクタ製品(後編)

後編では、ムラタが開発・提供している車載用インダクタ製品の中から、2つのカテゴリーの製品にフォーカスし、製品の強みと今後の進化の方向性について開発者に聞きました。

  • ノイズ対策部品
  • コモンモードチョークコイル/コモンモードノイズフィルタ
  • チップフェライトビーズ
  • インダクタ(コイル)
  • 自動車
  • モビリティ
  • 開発者インタビュー

企業の実利的なメリットを与える働き方改革とは?(後編)――社員の健康課題にきめ細かく向き合うためのヘルステック活用法

前編では、リンクアンドコミュニケーションの佐々木由樹氏に、健康経営のメリットや課題、健康経営を取り入れる上で有効なヘルステックについて伺いました。後編では、具体的に企業が健康経営をどう推進すべきか、ヘルステックを活用した方法論に触れていきます。

  • 疲労ストレス計 MF100
  • 働き方改革
  • 健康経営
  • ヘルステック

サプライチェーンは管理ツールを超え、企業戦略の要になる。 ――先端技術が実現する次世代SCMで「戦略物流思考」を磨くには?(後編)

実際にSCMで大きな成果を生んでいる事例、その「強いSCM」を支えている技術、特にロジスティクス分野における将来的な展望について、戦略物流専門家の角井亮一氏にお話を伺いました。

  • RFID製品
  • サプライチェーンマネジメント
  • 物流

サプライチェーンは管理ツールを超え、企業戦略の要になる。 ――先端技術が実現する次世代SCMで「戦略物流思考」を磨くには?(前編)

1990年代に業務のシステム化の潮流の中で注目されたSCMが、社会全体のデジタル化の進展や、ネットを活用する生活者のニーズの変化などを背景に「企業が競争力を高めるための取り組み」として、再び脚光を浴びています。

  • RFID製品
  • サプライチェーンマネジメント
  • 物流

テクノロジーが“ブランド”を作り、育て、守る時代。 ――すべての企業にとって必須になる「ブランド戦略」の基本とは?(前編)

戦略的にブランディングに取り組む必要性や、築いたブランドの価値を守る「ブランドプロテクション」の方策、テクノロジーを活用したそれらの基本的な進め方について、アパレル業界に精通する経営コンサルタントの福田 稔氏に聞きました。

  • RFID製品
  • ブランドプロテクション

電子部品が次世代モビリティー産業を牽引する

エンジン系からセンサ、通信系まで幅広く電子部品を提供する村田製作所では、部品メーカーとして自動車の進歩に貢献すべく、次世代の部品の研究開発を進めている。自律運転向けのセンサ、クルマ同士や信号機などとの無線通信に向けた新技術、EV(電気自動車)向けの安全な全固体電池、交通量の自動計測に基づく最短時間ルートのリアルタイム算出、家庭でのEVの急速充電などだ。

  • 自動車
  • モビリティ