電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

再生可能エネルギーの地産地消を推し進める“マイクログリッド”

再生可能エネルギーを有効活用するための電力システム、マイクログリッドを構築するために必要な要素技術について解説します。さらに、似ているが異なる技術概念であるスマートグリッドとの関係についても説明します。

  • カーボンニュートラル
  • 再生可能エネルギー
  • RE100
  • マイクログリッド
  • スマートグリッド
  • ESS

電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

充放電と熱管理の状況を監視して安全性・効率を向上、バッテリ活用を支える“BMS”

カーボンニュートラル達成に向けて、バッテリの重要性が高まっています。その健全な状態を長期にわたって維持しながら安全に利用するために欠かせない、バッテリ管理システム(BMS)と、そこで利用される電子部品について解説します。

  • バッテリ
  • BMS
  • 再生可能エネルギー
  • EV
  • カーボンニュートラル
  • ESS
  • センサ

安全で快適な車社会の実現に向けて 村田製作所が「人とくるまのテクノロジー展」でソリューション提案

村田製作所は2024年5月22日に開幕した自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展」へ出展しました。自動車では電装化・電子制御化が進むとともに、省エネや快適性・安全性の重要性も増しています。数々の需要に応える独自のソリューションを紹介します。

  • EV
  • 自動運転
  • ノイズ対策部品
  • ソリューション
  • RFID製品
  • 物流

自然界の物質にはない振る舞いで可能性を拡げる「メタマテリアル」とは

メタマテリアルは、自然界の物質にはない振る舞いをする人工物質で、電磁波(光・電波)や音波などの反射や透過などを制御します。メタマテリアルの種類や活用例、展望、そして村田製作所が開発する「超音波透過メタマテリアル」について紹介します。

  • 材料
  • 医療
  • 無線通信
  • 自動車
  • 超音波センサ

エッジAIとは - IoT市場で注目されるコンピューティング

センサなどの端末(エッジデバイス)で取得したデータを、その端末内でAI演算を実行する「エッジAI」に注目が集まっています。ここではエッジAIの特徴や活用例、ムラタのエッジAIに対するコンセプトとそのコンセプトの実現に向けた取り組みについて解説します。

  • エッジAI
  • クラウドAI
  • IoT
  • コンピューティング

施設管理面積の拡大を目指すビルマネジメントとは-スマートビルへのIoTの導入

フロアの有効活用や空間環境の改善、省エネを実現するスマートビルでは、飛躍的にビルマネジメントを効率化できるといわれています。そのスマートビルについて、現在ビルマネジメントが直面している課題や課題解決の取り組み、IoT技術の導入について解説します。

  • IoT
  • 無線センシングソリューション
  • DX

“○○テック”の進化を支える電子技術

テクノロジーで新しい製品付加価値や顧客体験を与える、ファッションテックとは

ファッションテックは、テクノロジーの活用で顧客体験(CX)を進化させ、製品に新しい付加価値を与えます。普及が進むIT・DXによるCX向上のほか、注目が高まるデジタルファブリケーションやスマートファブリック、ウェアラブルにおけるエレクトロニクスの活用について紹介します。

  • 繊維
  • フレキシブルエレクトロニクス
  • RFID製品
  • AI
  • VR/AR
  • ブランドプロテクション

フリーアドレスを理想の空間に-Pifaa座席管理システムによるフリーアドレス管理の事例

在宅勤務や時差出社の増加などにより、オフィス利用の多様化が進んでいます。製造業である村田製作所では「Pifaa座席管理システム」を活用し、従業員の多様なニーズに対応可能なフリーアドレスを実現しています。今回は、その導入から運用そして将来の目標について、発案・開発・導入に携わったメンバーに話を聞きました。

  • 開発者インタビュー
  • ソリューション

AI(人工知能)/ML(機械学習)を活用した通信ネットワーク管理―Beyond 5G/6G時代に向けた技術動向(2)

Beyond 5G/6Gは、AI(人工知能)/ML(機械学習)の自律性を活かすことを前提とした移動通信システムになるといわれています。この記事では次世代の移動通信システムにおいてAI/MLを用いる目的や活用における展望などについて紹介します。

  • Beyond 5G/6G
  • 無線通信
  • AI
  • IoT
  • デジタルツイン

現場改善の基本-スマートファクトリーに潜むムリ・ムダ・ムラ(3M)の正体と排除

コストをかけて推進したスマートファクトリー化。であるにも関わらず、想定したほどに生産効率が上がらない。そこにはムリ・ムダ・ムラ(3M)が潜んでいるのかも知れません。なぜスマートファクトリーでムリ・ムダ・ムラが発生し発見できないのか。その理由と対策について解説します。

  • スマートファクトリー
  • JIGlet
  • m-FLIP
  • 無線センシングソリューション

目指すべきは住人の多様性に対応できる生活支援技術 スマートホームの要素技術を提供するメーカーへの期待

生活の中で得られるデータを活用して住人の暮らしを支援するスマートホーム。その実現には、多様な電子情報通信技術の活用が必要になります。理想的なスマートホームを実現するために必要な技術と、それを開発・供給するメーカーの役割について、北陸先端科学技術大学院大学の丹 康雄教授に聞きました。

  • 研究者インタビュー
  • センサ
  • スマートホーム
  • IoT
  • AI
  • 働き方改革
  • 脱炭素

1000個のセンサで、いつでもどこでも生活者に目配り 住人の望みを先回りして叶える近未来のスマートホーム

IoTシステムとAI技術を組み合わせ、ビッグデータの収集と処理が進んでおり、これは産業や行政機関だけでなく、一般家庭にも広まっているスマートホームのコンセプトへとつながっています。近未来に目指すべきスマートホームの姿と、その実現で求められる技術について、北陸先端科学技術大学院大学副学長の丹 康雄教授に聞きました。

  • 研究者インタビュー
  • センサ
  • セキュリティ
  • スマートホーム
  • IoT
  • AI
  • 働き方改革
  • 脱炭素

HAPSや人工衛星からなる非地上系ネットワーク(NTN)とは―Beyond 5G/6G時代に向けた技術動向(1)

通信機器を搭載した無人飛行機(HAPS)や人工衛星で構成される非地上系ネットワーク(NTN)は、Beyond 5G/6G時代の新しい移動体通信ネットワークのインフラとして注目されています。ここではNTNの構成や特徴、メリット、動向について紹介します。

  • Beyond 5G/6G
  • 無線通信
  • 衛星通信

スマートファクトリーの目-マシンビジョンとは

マシンビジョンにコンピュータビジョン、ロボットビジョンといった画像センサやカメラによる「目」が、社会に普及しつつあります。なかでもマシンビジョンはスマートファクトリーにとって欠かすことができない技術です。マシンビジョンとは何か、コンピュータビジョンやロボットビジョンとの違いは。ここではこれらの基礎知識や問いについて解説します。

  • センサ
  • スマートファクトリー
  • AI

ワイヤレス給電(無線電力伝送)でより快適な社会を実現する技術とアイデア

ワイヤレス給電は、モバイル機器や産業用IoT機器、EVなどのモビリティ分野、医療機器など、幅広い分野での活用が期待される技術です。ワイヤレス給電の未来像や村田製作所が研究開発するワイヤレス給電技術のひとつである空洞共振方式WPTとその活用アイデアを紹介します。

  • リチウムイオン電池
  • ワイヤレス給電
  • IoT
  • IIoT
  • スマートファクトリー
  • 物流
  • EV
  • モビリティ

無線通信における電波(帯域幅)の有効利用 - 多元接続 FDMA/TDMA/CDMA(2)

多くの人が利用しているスマートフォンにおいて、音声・画像・動画といったデータは、混信なく通信できています。これが実現できている背景には、データ同士の重なりやノイズによる干渉などの障害を防ぐための技術があるからです。今回その技術の中でも、電波の効率的な活用を目的とした技術である「多重化」と、この多重化技術を利用した「多元接続」について解説します。

  • 無線通信
  • スマートフォン
  • Wi-Fi
  • 衛星通信
  • 多重化/多元接続
  • 電波
  • 帯域幅

無線通信における電波(帯域幅)の有効利用 - 多元接続 FDMA/TDMA/CDMA(1)

多くの人が利用しているスマートフォンにおいて、音声・画像・動画といったデータは、混信なく通信できています。これが実現できている背景には、データ同士の重なりやノイズによる干渉などの障害を防ぐための技術があるからです。今回その技術の中でも、電波の効率的な活用を目的とした技術である「多重化」と、この多重化技術を利用した「多元接続」について解説します。

  • 無線通信
  • スマートフォン
  • Wi-Fi
  • 衛星通信
  • 多重化/多元接続
  • 電波
  • 帯域幅

スマートファクトリーにおけるセンサフュージョンの活用

センサフュージョンは、複数のセンサから得たデータを融合し、より有用な情報を引き出す技術です。今、このセンサフュージョンの波が製造業、特にスマートファクトリーの推進には欠かせない技術となっています。ここでは、スマートファクトリーにおけるセンサフュージョンの活用について解説します。

  • センサ
  • スマートファクトリー
  • m-FLIP
  • 無線センシングソリューション
  • 作業者安全モニタリングシステム

CEATEC 2023

医療・自動車など超音波センサの利用シーンを拡大する「超音波透過メタマテリアル」

村田製作所は、超音波センサの利用シーンを拡大する可能性を秘めた新技術「超音波透過メタマテリアル」を開発しています。これまで超音波センサは、金属や樹脂などの壁の先にある対象物を測定できませんでした。超音波メタマテリアルは、こうした測定制限を解消し、医療・自動車・社会インフラなどさまざまな領域にイノベーションを起こす可能性を秘めています。

  • 開発者インタビュー
  • 超音波センサ
  • 医療
  • 自動車

CEATEC 2023

「水中CO2センサ」と「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」で脱炭素化を後押し

近年、脱炭素化やリサイクルなどを後押しする環境性能が、購入する製品やサービスを決める際の重要検討項目となってきました。村田製作所は、ブルーカーボンの取り引き促進に貢献する「水中CO2センサ」や、スマート化が進展する自動車の放熱用として利用する「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」を開発。部品・材料レベルの技術革新による商品や事業の価値向上を推し進めています。

  • 開発者インタビュー
  • 脱炭素
  • リサイクル
  • カーボンニュートラル
  • CO2センサ
  • バイオマス
  • 材料
  • 自動車

CEATEC 2023

Society 5.0の実現に貢献する「近接&力センサ」と「透明IDタグ」

本格的なデジタル化社会が到来しつつあります。そして、人と機械を密につなぐインタフェース技術や、モノとデータを結びつける技術には、さらなる高度化が求められています。村田製作所では、新たなHMIの実現に道を拓く「近接&力センサ」と、商品のデザイン性を損なわず認証情報を付加する「透明IDタグ」を開発。「CEATEC 2023」で披露しました。

  • 開発者インタビュー
  • デジタルツイン
  • センサ
  • HMI
  • トレーサビリティ
  • ブランドプロテクション

設備保全のあるべき姿-予知保全を実現する技術

予知保全は、事後保全から予防保全へと進化した設備保全方法の理想形とされています。しかし現在、予知保全を実現する方法が確立されていないことも事実です。そこで今回は、設備保全の基礎知識を踏まえつつ、予知保全を実現するヒントとしてセンサフュージョンやAI、さらにエッジAIの活用方法について解説します。

  • 保全
  • IIoT
  • IoT
  • DX
  • m-FLIP
  • 無線センシングソリューション
  • ソリューション

3端子コンデンサ貫通接続によるノイズ対策

近年のIC駆動周波数の高速化や自動車の電装化等にともなって、ますますノイズ対策の重要性は増しています。
ここでは、放射エミッションノイズ、伝導イミュニティ対策として、3端子コンデンサを貫通接続した際のノイズ低減効果についてご紹介します。

  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • EMI除去フィルタ
  • ノイズ対策部品

電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

電力変換やモータ駆動を高効率化、“SiC/GaNパワー半導体”の利用拡大の条件とは

カーボンニュートラル達成に向けた取り組みを加速させるべく、パワー半導体の分野で、素子のベース材料をSiからSiCやGaNへと刷新する動きが出てきています。その効果を最大化するため、コンデンサやインダクタなど周辺部品でいかなる技術の進化が必要なのか解説します。

  • パワー半導体
  • EV
  • 再生可能エネルギー
  • カーボンニュートラル
  • コンデンサ(キャパシタ)
  • インダクタ(コイル)

人とくるまのテクノロジー展 2023 出展レポート

村田製作所は、2023年5月24日~26日には横浜にて、7月5日~7日には名古屋にて開催された自動車技術展「人とくるまのテクノロジー展」に出展しました。ここでは名古屋会場での展示を中心に、自動車の電動化、自動化、コネクテッド化などに向けて提案したソリューションを紹介いたします。

  • EV
  • バッテリ
  • ADAS
  • 自動運転
  • CASE
  • センサ
  • 通信モジュール
  • RFID製品
  • サーミスタ
  • コンデンサ(キャパシタ)
  • 疲労ストレス計 MF100