安全な自動運転車を目指して 慣性力センサの高精度化を追求(前編)

自動運転車が街の中を走り回る時代が、そう遠くない未来になってきました。高齢化社会での安全な移動手段の確保、渋滞や事故の削減など多くの社会課題の解決策として、自動運転車の実用化に大きな期待が掛かっています。その実現には、最先端テクノロジーの投入が不可欠です。

  • センサ
  • 自動車
  • 自動運転
  • 開発者インタビュー

企業の実利的なメリットを与える働き方改革とは?(前編)――身体の状態を「見える化」するヘルステックが成功のサイクルを生む

働き方改革を契機に、企業の「健康経営」が注目されています。健康経営とは、従業員の健康管理を企業の経営課題と捉え、会社の施策として健康増進を図る経営手法のこと。そのメリットはどこにあるのでしょうか。

  • 疲労ストレス計 MF100
  • 働き方改革
  • 健康経営
  • ヘルステック

IoT機器の利用シーンの拡大、 ウェアラブル機器の進化を支える ムラタの酸化物型全固体電池(前編)

ムラタが開発した全固体電池は、携帯型電子機器の利用シーンを拡大する可能性を秘めたインパクトのある技術です。エンジニアに、開発の経緯と出来上がった全固体電池の特長、さらには今後の進化の方向性について聞きました。

  • 全固体電池
  • 開発者インタビュー

企業の実利的なメリットを与える働き方改革とは?(後編)――社員の健康課題にきめ細かく向き合うためのヘルステック活用法

前編では、リンクアンドコミュニケーションの佐々木由樹氏に、健康経営のメリットや課題、健康経営を取り入れる上で有効なヘルステックについて伺いました。後編では、具体的に企業が健康経営をどう推進すべきか、ヘルステックを活用した方法論に触れていきます。

  • 疲労ストレス計 MF100
  • 働き方改革
  • 健康経営
  • ヘルステック

サプライチェーンは管理ツールを超え、企業戦略の要になる。 ――先端技術が実現する次世代SCMで「戦略物流思考」を磨くには?(後編)

実際にSCMで大きな成果を生んでいる事例、その「強いSCM」を支えている技術、特にロジスティクス分野における将来的な展望について、戦略物流専門家の角井亮一氏にお話を伺いました。

  • RFID製品
  • サプライチェーンマネジメント
  • 物流

サプライチェーンは管理ツールを超え、企業戦略の要になる。 ――先端技術が実現する次世代SCMで「戦略物流思考」を磨くには?(前編)

1990年代に業務のシステム化の潮流の中で注目されたSCMが、社会全体のデジタル化の進展や、ネットを活用する生活者のニーズの変化などを背景に「企業が競争力を高めるための取り組み」として、再び脚光を浴びています。

  • RFID製品
  • サプライチェーンマネジメント
  • 物流

テクノロジーが“ブランド”を作り、育て、守る時代。 ――すべての企業にとって必須になる「ブランド戦略」の基本とは?(後編)

自社製品のブランド価値を高めていきたいと考える企業へのアドバイスとともに、RFIDを始めとする商品のトレーサビリティに関する技術やソリューションへの期待感も福田氏に伺いました。

  • RFID製品
  • ブランド
  • ブランドプロテクション

テクノロジーが“ブランド”を作り、育て、守る時代。 ――すべての企業にとって必須になる「ブランド戦略」の基本とは?(前編)

戦略的にブランディングに取り組む必要性や、築いたブランドの価値を守る「ブランドプロテクション」の方策、テクノロジーを活用したそれらの基本的な進め方について、アパレル業界に精通する経営コンサルタントの福田 稔氏に聞きました。

  • RFID製品
  • ブランド
  • ブランドプロテクション

電子部品が次世代モビリティー産業を牽引する

エンジン系からセンサ、通信系まで幅広く電子部品を提供する村田製作所では、部品メーカーとして自動車の進歩に貢献すべく、次世代の部品の研究開発を進めている。自律運転向けのセンサ、クルマ同士や信号機などとの無線通信に向けた新技術、EV(電気自動車)向けの安全な全固体電池、交通量の自動計測に基づく最短時間ルートのリアルタイム算出、家庭でのEVの急速充電などだ。

  • 自動車
  • モビリティ