「開発者インタビュー」記事一覧

21 件の記事がヒットしました。
1 ~ 10 件 / 21 件

イオンとオゾンによる空気改質 ニューノーマル時代の家電で世界が求める標準機能に(後編)

新型感染症の影響を受け、空気清浄機やエアコンに安全で清浄な居室空間を作るための機能が強く求めるようになりました。そこで、ムラタでイオナイザ/オゾナイザに携わる担当者に、空気の改質に対するニーズの変化とイオナイザ/オゾナイザに望まれている機能について聞きました。

  • イオナイザ
  • オゾナイザ
  • イオン
  • オゾン
  • イオニシモ
  • モジュール
  • 開発者インタビュー

イオンとオゾンによる空気改質 ニューノーマル時代の家電で世界が求める標準機能に(前編)

新型感染症の影響を受け、空気清浄機やエアコンに安全で清浄な居室空間を作るための機能が強く求めるようになりました。そこで、ムラタでイオナイザ/オゾナイザに携わる担当者に、空気の改質に対するニーズの変化とイオナイザ/オゾナイザに望まれている機能について聞きました。

  • イオナイザ
  • オゾナイザ
  • イオン
  • オゾン
  • イオニシモ
  • モジュール
  • 開発者インタビュー

高速車載ネットワークのPoC方式導入を部品選びの効率化で支援

車載カメラにつなぐケーブルを減らせるPoCには、信号と電源を分離するバイアスT回路が必要です。その回路用のインダクタは単純に選定できませんが、ムラタのオンラインツール(BIST)を利用すると容易に選定できます。そこでBIST開発に携わった担当者に、公開の狙いや機能のこだわりについて聞きました。

  • PoC
  • バイアスT
  • SimSurfing
  • インダクタ(コイル)
  • チップフェライトビーズ
  • モビリティ
  • 開発者インタビュー

企業間アライアンスによって創造する、村田製作所の新しいデータビジネスとは(後編)──持続可能な社会への貢献

ムラタでは事業を通して社会課題の解決に取り組んでいます。後編では、「トラフィックカウンタシステム」を担当する津守にSDGsや社会貢献の側面から話を聞きました。

  • SDGs
  • データビジネス
  • 共創
  • 開発者インタビュー
  • トラフィックカウンタシステム

企業間アライアンスによって創造する、村田製作所の新しいデータビジネスとは(前編) ──現地パートナーと共創する新事業

従来の主流であった電子部品を製造・販売する事業モデルから、データ販売というサービス事業に挑むにあたって、企業間アライアンスの役割はますます重要性を帯びてきています。今回は「トラフィックカウンタシステム」を運用しているムラタの津守と、インドネシアへの事業展開でアライアンスを組んでいる現地パートナー代表のハルノ・スビヤント氏に話を伺いました。

  • 開発者インタビュー
  • 共創
  • データビジネス
  • トラフィックカウンタシステム

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(3/3)

シリーズ第3回では、残る2つの要素、シェアリング&サービス(S)と電動化(E)に伴う開発の方向性、さらには、自動車業界のサプライチェーンが変化していく中で、ニーズを先回りして技術と製品を先行開発していく際の施策について話を聞きます。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(2/3)

シリーズ第2回では、ムラタの車載用MLCCの強みを支える技術と生産体制の紹介。さらに、CASEトレンドの4つの要素のうち、コネクテッド(C)と自動化(A)の進展に伴う車載用MLCCの開発の方向性について聞きました。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(1/3)

現代のクルマに数多く搭載されているMLCCは、民生機器向けMLCCよりも段違いに高い品質の実現が優先して求められます。車載市場における応用や要求技術の動向に詳しい車載用MLCCの商品技術担当者に、CASE時代に求められるMLCCの姿とその要求に応えるための技術開発の最前線と今後の展開について聞きました。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)