「自動車」記事一覧

18 件の記事がヒットしました。
1 ~ 10 件 / 18 件

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(3/3)

シリーズ第3回では、残る2つの要素、シェアリング&サービス(S)と電動化(E)に伴う開発の方向性、さらには、自動車業界のサプライチェーンが変化していく中で、ニーズを先回りして技術と製品を先行開発していく際の施策について話を聞きます。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(2/3)

シリーズ第2回では、ムラタの車載用MLCCの強みを支える技術と生産体制の紹介。さらに、CASEトレンドの4つの要素のうち、コネクテッド(C)と自動化(A)の進展に伴う車載用MLCCの開発の方向性について聞きました。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)

信頼性と小型・大容量を両立、CASEトレンドに寄り添い進化する車載用MLCC(1/3)

現代のクルマに数多く搭載されているMLCCは、民生機器向けMLCCよりも段違いに高い品質の実現が優先して求められます。車載市場における応用や要求技術の動向に詳しい車載用MLCCの商品技術担当者に、CASE時代に求められるMLCCの姿とその要求に応えるための技術開発の最前線と今後の展開について聞きました。

  • 自動車
  • CASE
  • 開発者インタビュー
  • セラミックコンデンサ(キャパシタ)
  • コンデンサ(キャパシタ)

5G技術

5Gモビリティ

5Gにより、車内用途および車外用途の機能が完全に生まれ変わります。短期的に、車載インフォテインメントや強化型マルチメディアが激変していきます。近い将来、5Gを用いたV2X通信によって運転が最適化され、自律走行車が現実になると期待できます。

  • 5G
  • モビリティ
  • 自動車
  • V2X
  • V2V
  • V2I
  • V2N
  • V2P
  • 安全性
  • インフォテインメント
  • IoT
  • インテリジェントモビリティ
  • ADAS
  • MAAS

5G技術

5Gミッションクリティカルシステム

5GのURLLC(Ultra-Reliable and Low Latency Communications:超高信頼低遅延)のため、MCC(Mission Critical Communications:ミッションクリティカル通信)が、3GPP(3rd Generation Partnership Project:第3世代パートナーシッププロジェクト)リリースの重要な分野として注目されています。コアネットワークサービスの一部として提供されるMCCにより、救急サービス機関は、従来の無線を、スマートフォンユーザーがすでに利用している現代的な通信方法に置き換えることが可能になります。

  • 5G
  • ミッションクリティカル
  • 自動車
  • URLLC
  • ヘルスケア
  • 医療
  • 信頼性
  • 救急サービス
  • ミッションクリティカルシステム

5G技術

5G Massive IoT

5G – Massive IoTが、5GセルラーIoT接続の半分以上を占める可能性が非常に高いです。これは、長いバッテリー寿命、深くまで届く通信範囲、および低TCO(Total Cost of Ownership:総所有コスト)が、アセット管理、エネルギーやユーティリティー、およびスマートシティーなどの大型用途において一様に求められているからです。

  • 5G
  • スマートファクトリー
  • 自動車
  • Massive IoT
  • IIoT
  • インダストリー4.0
  • スマートシティ
  • セキュリティ
  • コネクティビティー

5G技術

5G eMBB(enhanced Mobile Broadband:高速大容量)

到来した5Gサービスの第1波。そのサービスの1つであるeMBBは、従来の4Gネットワークの拡張ともいえ、消費者に大きなメリットをもたらします。そのメリットとして、ダウンロード速度の大幅な改善、およびコスト効率に優れたデータ(4Gに比べ最大10倍ものコスト抑制が可能)が挙げられます。ここでは、業界のメリットと課題を探っていきます。

  • 5G
  • ミッションクリティカル
  • 自動車
  • URLLC
  • ヘルスケア
  • 医療
  • 信頼性
  • 救急サービス
  • eMBB(enhanced Mobile Broadband:高速大容量)

タイムリーかつ的確な製品開発で車載ネットワークの進化を支えるムラタの車載用インダクタ製品(後編)

後編では、ムラタが開発・提供している車載用インダクタ製品の中から、2つのカテゴリーの製品にフォーカスし、製品の強みと今後の進化の方向性について開発者に聞きました。

  • ノイズ対策部品
  • コモンモードチョークコイル/コモンモードノイズフィルタ
  • チップフェライトビーズ
  • インダクタ(コイル)
  • 自動車
  • モビリティ
  • 開発者インタビュー

タイムリーかつ的確な製品開発で車載ネットワークの進化を支えるムラタの車載用インダクタ製品(前編)

車載ネットワーク関連の技術開発は日進月歩で進み、CASE時代を目前に控えその進化はますます加速しています。ムラタでは、最新の車載ネットワーク規格に対応した製品をいち早く開発し、必要な時に、必要な特性を備える電子部品を、必要とされる数だけ供給できる開発・生産体制を整えています。

  • ノイズ対策部品
  • コモンモードチョークコイル/コモンモードノイズフィルタ
  • チップフェライトビーズ
  • インダクタ(コイル)
  • 自動車
  • モビリティ
  • 開発者インタビュー

安全な自動運転車を目指して 慣性力センサの高精度化を追求(前編)

自動運転車が街の中を走り回る時代が、そう遠くない未来になってきました。高齢化社会での安全な移動手段の確保、渋滞や事故の削減など多くの社会課題の解決策として、自動運転車の実用化に大きな期待が掛かっています。その実現には、最先端テクノロジーの投入が不可欠です。

  • センサ
  • 自動車
  • 自動運転
  • 開発者インタビュー