「自動車」記事一覧

52 件の記事がヒットしました。
1 ~ 10 件 / 52 件

自然界の物質にはない振る舞いで可能性を拡げる「メタマテリアル」とは

メタマテリアルは、自然界の物質にはない振る舞いをする人工物質で、電磁波(光・電波)や音波などの反射や透過などを制御します。メタマテリアルの種類や活用例、展望、そして村田製作所が開発する「超音波透過メタマテリアル」について紹介します。

  • 材料
  • 医療
  • 無線通信
  • 自動車
  • 超音波センサ

CEATEC 2023

医療・自動車など超音波センサの利用シーンを拡大する「超音波透過メタマテリアル」

村田製作所は、超音波センサの利用シーンを拡大する可能性を秘めた新技術「超音波透過メタマテリアル」を開発しています。これまで超音波センサは、金属や樹脂などの壁の先にある対象物を測定できませんでした。超音波メタマテリアルは、こうした測定制限を解消し、医療・自動車・社会インフラなどさまざまな領域にイノベーションを起こす可能性を秘めています。

  • 開発者インタビュー
  • 超音波センサ
  • 医療
  • 自動車

CEATEC 2023

「水中CO2センサ」と「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」で脱炭素化を後押し

近年、脱炭素化やリサイクルなどを後押しする環境性能が、購入する製品やサービスを決める際の重要検討項目となってきました。村田製作所は、ブルーカーボンの取り引き促進に貢献する「水中CO2センサ」や、スマート化が進展する自動車の放熱用として利用する「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」を開発。部品・材料レベルの技術革新による商品や事業の価値向上を推し進めています。

  • 開発者インタビュー
  • 脱炭素
  • リサイクル
  • カーボンニュートラル
  • CO2センサ
  • バイオ
  • 材料
  • 自動車

タイヤ内蔵RFID開発秘話──タイヤメーカーとの密な連携でタイヤビジネスでのイノベーション創出を後押し

村田製作所はミシュラン社との密な連携で、タイヤに内蔵可能なタフで小型なRFIDモジュールを共同開発しました。タイヤが生産されてから破棄されるまでライフサイクル全体の利用状況を管理し、タイヤビジネスにイノベーションをもたらします。

  • RFID製品
  • 自動車
  • CASE
  • IoT
  • 開発者インタビュー

ノイズ対策技術 / 事例紹介(自動車)

PoCシステムに求められるインダクタとノイズ対策-4

PoC回路は車載カメラなどに利用される、信号と電源を同一ケーブルにまとめて伝送するための回路です。PoCに必要なBias-Tを構成するためのインダクタの紹介や、PoCにおけるノイズ対策について紹介します。

  • ノイズ対策部品
  • 自動車
  • バイアスT
  • PoC
  • コモンモードチョークコイル/コモンモードノイズフィルタ
  • インダクタ(コイル)