「センサ」記事一覧

25 件の記事がヒットしました。
1 ~ 10 件 / 25 件

製造業DXをかたちにする、スマートファクトリー

自動化から自律化・協調化へ、よりスマートに進化するモノづくりロボット

工場内で用いるロボットが、より賢く進化しています。単に定型作業を自動化するだけではなく、状況に応じた作業を自律的に行い、人の動きと協調して動けるようになりました。自動車工場や半導体工場などを例に、最先端のロボットが使われている場面とそこで担っている役割について紹介します。

  • スマートファクトリー
  • ロボット
  • DX
  • IoT
  • AI
  • センサ

センシング技術がスマート農業に貢献する可能性(品種育成による塩害対策編)――気候変動に備え塩害に強いイネを開発

東北大学と農研機構は塩害に強いイネを開発。そのイネの塩害耐性の要因を分析するため、2022年6月から2023年3月まで東北大学と村田製作所と共同で、土壌センサを使った「地表根イネ系統の塩害耐性の要因を分析する実証実験」を進めていますが、センシング技術は農作物の品種改良にどのように貢献できているのでしょうか。塩害耐性を持つイネの概要や、センシング技術の活用について、研究に携わる東北大学技術専門職員の半澤栄子氏に話を聞きました。

  • 農業
  • 研究者インタビュー
  • DX
  • センサ
  • 土壌センサ

センシング技術がスマート農業に貢献する可能性(東北での農地再生編)――農業のビッグデータ取得が容易になる土壌センサの力

日本では2011年の東日本大震災で津波による大規模な農地被害が発生。海水浸入による作物への塩害が懸念されたため、災害復旧事業で被災農地の除塩作業が広範に実施されました。除塩後の農地を対象として、土壌センサを活用した塩分濃度観測の実証試験も行われましたが、センシング技術は農業にどのような貢献をもたらす可能性があるのでしょうか。除塩作業の概要や、スマート農業におけるセンシング技術の活用について、元東北大学大学院准教授の菅野均志氏に話を聞きました。

  • 農業
  • 研究者インタビュー
  • DX
  • センサ
  • 土壌センサ

「3D都市モデル」で加速する、スマートシティやデジタルツインの構築、エレクトロニクス分野のデータドリブン

スマートシティやデジタルツインの実現に欠かせない精緻な3D都市モデル。その国際標準規格「CityGML」に準じたオープンデータが各国で整備・構築されています。世界最大規模といわれる日本のCityGML「Platea(プラトー)」を例に、都市計画や防災計画、エレクトロニクス機器の設置・運用シミュレーションなど多様な活用事例を紹介します。

  • スマートシティ
  • デジタルツイン
  • DX
  • センサ
  • データドリブン
  • VR/AR

新型コロナ感染リスク低減のため空気の質を考える(後編)──空気の質を可視化してくれるCO2センサの選び方とは

ニューノーマル時代に求められるのが、学校やオフィスなど人の集まる空間での感染リスク低減です。換気の指標となるCO2センサについては、その選び方に注意する必要があります。

  • CO2センサ
  • 開発者インタビュー
  • 新型コロナウイルス
  • センサ
  • 教育

新型コロナ感染リスク低減のため空気の質を考える(前編)──CO2濃度測定による空気の「見える化」で適切な換気を

ニューノーマル時代に求められるのが、学校やオフィスなど人の集まる空間での感染リスク低減です。そのためには3密回避、なかでも空気感染予防となる換気が重要です。いまCO2センサを活用した適切な換気タイミングを知らせる「空気の見える化」が注目されています。

  • CO2センサ
  • 開発者インタビュー
  • 新型コロナウイルス
  • センサ
  • ソリューション

センサとAIの融合で築く、人と機械の新たな関わり

センサとAIの融合活用で生まれる超五感

センサの進化と人工知能(AI)が高度化したことによって、人間の五感では捉えられなかった情報を、検知可能になってきました。機械のアシストによって、私たちは今、超五感と呼べる知覚を獲得しつつあります。ここでは、超五感を実現する技術の開発とその活用について解説します。

  • センサ
  • AI