「カーボンニュートラル」記事一覧

16 件の記事がヒットしました。
1 ~ 10 件 / 16 件

電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

再生可能エネルギーの地産地消を推し進める“マイクログリッド”

再生可能エネルギーを有効活用するための電力システム、マイクログリッドを構築するために必要な要素技術について解説します。さらに、似ているが異なる技術概念であるスマートグリッドとの関係についても説明します。

  • カーボンニュートラル
  • 再生可能エネルギー
  • RE100
  • マイクログリッド
  • スマートグリッド
  • ESS

電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

充放電と熱管理の状況を監視して安全性・効率を向上、バッテリ活用を支える“BMS”

カーボンニュートラル達成に向けて、バッテリの重要性が高まっています。その健全な状態を長期にわたって維持しながら安全に利用するために欠かせない、バッテリ管理システム(BMS)と、そこで利用される電子部品について解説します。

  • バッテリ
  • BMS
  • 再生可能エネルギー
  • EV
  • カーボンニュートラル
  • ESS
  • センサ

CEATEC 2023

「水中CO2センサ」と「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」で脱炭素化を後押し

近年、脱炭素化やリサイクルなどを後押しする環境性能が、購入する製品やサービスを決める際の重要検討項目となってきました。村田製作所は、ブルーカーボンの取り引き促進に貢献する「水中CO2センサ」や、スマート化が進展する自動車の放熱用として利用する「バイオマス素材を用いた軽量伝熱材料」を開発。部品・材料レベルの技術革新による商品や事業の価値向上を推し進めています。

  • 開発者インタビュー
  • 脱炭素
  • リサイクル
  • カーボンニュートラル
  • CO2センサ
  • バイオマス
  • 材料
  • 自動車

電子部品のチカラで化石燃料からの脱却を支える

電力変換やモータ駆動を高効率化、“SiC/GaNパワー半導体”の利用拡大の条件とは

カーボンニュートラル達成に向けた取り組みを加速させるべく、パワー半導体の分野で、素子のベース材料をSiからSiCやGaNへと刷新する動きが出てきています。その効果を最大化するため、コンデンサやインダクタなど周辺部品でいかなる技術の進化が必要なのか解説します。

  • パワー半導体
  • EV
  • 再生可能エネルギー
  • カーボンニュートラル
  • コンデンサ(キャパシタ)
  • インダクタ(コイル)

発電する繊維「PIECLEX」開発秘話(技術解説編)

村田製作所と帝人フロンティア社が手を組み立ち上げたピエクレックス社で開発した、“動くことで抗菌する”というまったく新しい発想の繊維である「PIECLEX(ピエクレックス)」。その開発者であるピエクレックス社の塩見と宅見に、開発の裏側について聞きました。「技術解説編」では、PIECLEXの強みや開発にいたったきっかけ、製品化における技術的な困りごとなどをご紹介します。

  • 開発者インタビュー
  • 抗菌
  • カーボンニュートラル
  • リサイクル
  • 圧電
  • 繊維

飛行機エンジンの電動化とオートパイロットの最新技術

飛行機エンジンには厳しい安全基準があるため、電動化は技術的にも商業的にも実現不可能であると考えられてきました。しかし、軽量素材の開発やエレクトロニクス技術の進歩により、実現への可能性が高まりつつあります。今、飛行機エンジンの電動化やオートパイロットは、どこまで進化しているのでしょうか。電動飛行機エンジンとオートパイロットの現状と将来、これらを実現する最新情報についてエレクトロニクス技術を中心に解説します。

  • カーボンニュートラル
  • パワーエレクトロニクス
  • 自動運転
  • 物流

高速鉄道の省エネ技術とカーボンニュートラル

鉄道は、他の旅客輸送機関に比べてエネルギー効率が高く、輸送量当たりのCO2排出量は乗用車の約1/7といわれています。これは、パワーエレクトロニクスによる省エネ効果によるものであり、パワーエレクトロニクスはカーボンニュートラル達成にむけてCO2削減が叫ばれる今、最も注目されているエレクトロニクス技術です。ここでは、鉄道車両(電気車両)の駆動モータのパワーエレクトロニクスについて、進化と原理を解説します。

  • カーボンニュートラル
  • パワーエレクトロニクス

製造業DXをかたちにする、スマートファクトリー

DXと脱炭素化の切り離せない関係、持続可能な製造業に欠かせない技術とは

製造業を取り巻くメガトレンドの一つである脱炭素化に向けた最新技術の活用動向を解説します。スマートファクトリーの中で取り組んでいる製造業DXと、脱炭素化の取り組みは表裏一体であり、RE100対応工場の実現手段としてIoTやAI、デジタルツインなど高度な情報処理技術の導入・活用が重要になります。

  • スマートファクトリー
  • 脱炭素
  • カーボンニュートラル
  • DX
  • IoT
  • AI