「農業」記事一覧

7 件の記事がヒットしました。
1 ~ 7 件 / 7 件

センシング技術がスマート農業に貢献する可能性(品種育成による塩害対策編)――気候変動に備え塩害に強いイネを開発

東北大学と農研機構は塩害に強いイネを開発。そのイネの塩害耐性の要因を分析するため、2022年6月から2023年3月まで東北大学と村田製作所と共同で、土壌センサを使った「地表根イネ系統の塩害耐性の要因を分析する実証実験」を進めていますが、センシング技術は農作物の品種改良にどのように貢献できているのでしょうか。塩害耐性を持つイネの概要や、センシング技術の活用について、研究に携わる東北大学技術専門職員の半澤栄子氏に話を聞きました。

  • 農業
  • 研究者インタビュー
  • DX
  • センサ
  • 土壌センサ

センシング技術がスマート農業に貢献する可能性(東北での農地再生編)――農業のビッグデータ取得が容易になる土壌センサの力

日本では2011年の東日本大震災で津波による大規模な農地被害が発生。海水浸入による作物への塩害が懸念されたため、災害復旧事業で被災農地の除塩作業が広範に実施されました。除塩後の農地を対象として、土壌センサを活用した塩分濃度観測の実証試験も行われましたが、センシング技術は農業にどのような貢献をもたらす可能性があるのでしょうか。除塩作業の概要や、スマート農業におけるセンシング技術の活用について、元東北大学大学院准教授の菅野均志氏に話を聞きました。

  • 農業
  • 研究者インタビュー
  • DX
  • センサ
  • 土壌センサ

“○○テック”の進化を支える電子技術

土地と作物に秘められた潜在能力を引き出す「アグリテック」

IoTやAI、ロボティクス、バイオ技術などを活用して、農業が抱える問題の解消や新たな価値を持つ農業ビジネス創出を可能にするアグリテックについて解説します。経験とスキルが成果を左右する農業を、データを基づく合理的産業に変えるムーブメントです。

  • 農業
  • AI
  • IoT
  • ロボット

IoTやドローンを活用した“スマート農業”最前線

スマート農業のキーワードは、ロボット、AI、IoT、ICTなどの先端技術の活用です。自動走行トラクター、自動航行ドローン、収量コンバイン、収穫ロボット、ドローンなどを農業に導入することで課題を解決し、省力化、省人化しながら熟練者の作業力を確保。収量や品質の向上、コスト削減、所得も増える新たな農業を目指しています。

  • 農業
  • IoT
  • センサ