センサとAIの融合で築く、人と機械の新たな関わり

AIや通信、センサなどのテクノロジーが発展し、機械が知能や五感を獲得しつつあります。これによって、人の道具にすぎなかった機械が、状況を判断しながら自律的に働くロボットへと進化。人と共存・協調しながら、豊かで効率的な生活・産業・社会を共に築く未来が見えてきました。現在、さまざまな企業や研究機関、大学などにおいて、自律化した機械の力を借りて、人の身体能力や知的能力の拡張や、人の能力だけでは不可能だと思われていた仕事を可能にする試みが進められています。本シリーズでは、人と機械の新たな関わりを生み出すテクノロジーを紹介し、進化した機械が生活や産業、社会にもたらすインパクトについて紹介します。